さやま猫の会

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

推定4ヶ月  


昨日不妊手術したミーちゃん(三毛♀)推定4ヶ月は元気に帰宅しました。

4ヶ月と聞くと…
「まだ仔猫じゃないか」
「そんな早くに手術するの?」
「小さくてかわいそう」
と、言われる事もあります。

仔猫じゃないかといわれれば「はい、仔猫です。」と答えることもできる大きさですが、何故この時期に不妊手術をしたのでしょうか?

意外に知られていないのですが、成熟の早い猫は4ヶ月程度で発情をする事があります。

そう、秋には出産してしまう可能性があるのです。

もし飼い主のいない生後半年程度の猫が出産をしたとします。
「小さくてかわいそう」な猫が、更に未熟な「小さくてかわいそう」な猫を多数増やす可能性があるのです。

そして更に、その産み出された命は生後半年の春に発情すれば、夏には出産してしまう可能性があるのです。

猫の繁殖力は一般の人が考えるより旺盛で、仔猫が仔猫を産むような事が起こるのです。


また、発情前に不妊手術をすることにより、生殖器およびホルモンに関連する疾病の予防にもなります。

飼い猫も飼い主のいない猫も疾病予防や不幸の連鎖を断ち切るために、不妊手術をしてあげてくださいね。
勿論その際は、技術のしっかりした信頼出来る獣医師にお願いします。
ボランティアに多いのですが、不妊手術をする事だけに気を取られ、猫の状態や予後に気を配らない人がたまにいます。
この事については後日またブログに書きたいと思います。


文責 会員S



さやま猫の会では、猫の相談をお聞きしています!
毎月第2・4日曜日は智光山公園にて譲渡会も開催しています。
開催時間内でお困りの相談をお聞きします。一人で悩まずお話ください。



また、さやま猫の会は自走活動していますが、有難い事に多くの方々からご支援を頂いています。
「物資を支援したいけれど何を送っていいか悩む」とお声も多数いただきまして、
この度アマゾンほしい物リストを作成いたしました。
皆様のご負担にならない範囲でご支援いただきますと嬉しいです。


さやま猫の会のアマゾンほしい物リストはこちら





スポンサーサイト

category: 活動日誌

tb: --   cm: 0

猫汎白血球減少症  


猫汎白血球減少症は、猫と一緒に生活している人でも聞き慣れない病名ですが、一般的には「猫パルボ」と呼ばれています。

年間を通じ、特に春から夏にかけては、猫に関わる人はこの病気に片や怯えながら、常に注意をはらってます。
詳しい治療・処置方法については省略しますが、これにかかるとワクチン未接種仔猫の致死率は90%ともいわれています。

保護をする、または飼育を始めるにあたりどの様な注意が必要なのでしょうか?

まず猫を保護する時は、猫パルボに関わらず様子見の為、2週間程度の隔離飼育が必要です。
最近はウィルスの型が変わってきて潜伏期間が3週間ともいわれています。
パルボの症状は嘔吐、下痢、発熱、食欲不振、活力消失などですが、初期はそれを示しにくい場合もあります。
また、白血球数が減少する事でも判断する事がありますが、減少した時には既に手遅れの場合もあります。詳しい処置方法はかかりつけの病院に相談してください。

パルボの予防に効果的なのはワクチン接種です。
この恐ろしいウイルスにワクチンがある事は不幸中の幸いだと思います。
バルボを防ぐためにワクチンを打つと言っても過言ではないほどで、ワクチンで予防出来るなら、接種しない手はありません。
保護時に適正月齢の健康体であれば必ずワクチン接種をしましょう。
ただワクチンは接種した瞬間に有効になるわけではなく、体内で抗体が出来るまでには10日から2週間が必要だといわれ、充分に抗体価が上がった状態でないと予防の効果は出ませんので充分注意をしてください。また仔猫であれば、1回目接種後3週目から4週目で追加接種が必要です。1回目では抗体価が上がりきらないので2回目でブースター効果を狙います。ちなみに1年後ワクチンはとても大切です。


猫の感染症なので、人に感染する事はありませんし、単に直接猫から猫に感染すると思っている人は多いと思います。
実はこの認識が一番危なく、実は人為的ミスや人間を媒介して感染することが非常に多いのです。

猫が好きな人、または何らかの理由で猫カフェや猫が多数いる場所の餌やりハシゴなどをする人が多数います。ウィルス保有猫に接触した場合、衣服や靴裏に付着し家や次のカフェまたは餌やり現場に持ち込み、自覚がないまま簡単に感染を拡げます。
個人的には、ウィルス保有猫に直接接触がなくても同じ閉鎖空間にいれば基本的にはアウトだと思ってます。
このウィルスは自然環境で長ければ2年ほども生存するといわれ、また、どこにいてもおかしくないウイルスなのです。

猫飼いや活動している者を含め、発症を悪く思いがちですが、発症してしまった事が悪いわけではなく、それまでの対応(衛生管理とワクチネーションの理解)や発症後の適切な処置方法が出来ているのかが鍵だと思います。

ウィルスを消失させるのはアルコール系ではなく塩素系が必須です。
一般家庭であれば、塩素系漂白剤を20~30倍希釈して消毒薬として使用しますが、犬猫が舐める所など使用しにくい場所もあります。
猫パルボウィルスにかかわらず、うちでは次亜塩素酸水を全てに渡って日常的に使ってます。
動物病院なども使用している所も多く、次亜塩素酸水は予防として安心して使える除菌消臭剤です。


次亜塩素酸水ですが、8月開催の智光山譲渡会にて無料にてお分けいたします。
ご希望の方は500mlの空ペットボトルをご持参ください。(500ml程度の霧吹きでも可)
200ppm原液を2倍希釈してお渡しします。直射日光が当たらないようお帰りにはボトルを包むタオル等もお持ちください。
また、販売もしてますのでお気軽にお問い合わせください。

怖いウイルス対策などして無理して保護しなければいいじゃんと言われる事もありますが、人として僅かでも猫と共生できる社会を模索しながら活動していきたい、そんな思いで動いていらっしゃる沢山の方々と、私たちも同じ思いで活動しています。

文責 会員S

category: 活動日誌

tb: --   cm: 0

繁殖抑制の徹底  


多頭飼育崩壊と聞いて皆さんはどんなイメージをもたれますか?
多くは室内に猫がいるため総称として「多頭飼育」としていますが、室内に限らず多頭飼育崩壊は発生します。
庭先などに来る猫に餌を与えていたら爆発的に増えてしまった。
昨年からこのような相談が増えています。

さやま猫の会は3年前に初めて多頭崩壊現場を経験しましたが、その後毎年数件の相談が舞い込んできます。

今年度は5月末に仔猫成猫合わせて30匹オーバーという相談がありました。
現場調査に行くと、家の周りには溢れんばかりの猫達が生活しています。
当日調査では成猫11と、仔猫18(調査後出産した3匹は含めず)でそのほとんどが酷い猫風邪で目が腫れ上がっているのも数匹。
飼い主を説得して、すぐさま成猫の繁殖抑制、仔猫の治療を始めました。
201808012045368b0.jpg

仔猫については、レスキュー当日に現場で命を落としていたり、レスキューしたけれど手当ての甲斐なく亡くなったり、捕獲出来ずに後日不明になっている子もいて、計算上では25匹(出産3匹含む)いた事になります。

20180801204535eeb.jpg

昨年のシーズン前までは数える程しかいなかったという事ですが、
不妊をするという考えを持たないとこのような事態が簡単に起きてしまいます。

オス、メスが複数いるから不妊しようではなく、できる限り1匹でも不妊してあげてください。
過剰な繁殖を防げるだけでなく、生殖器やホルモンに関連する病気の予防にもなります。
喧嘩や繁殖行動に伴う猫後天性免疫不全症候群、猫白血病ウイルス感染症にかかる危険も軽減されます。
餌をやる事と、不妊手術は必ずセットで行わないと、人にも猫にも多くの不幸な結果をもたらします。



さやま猫の会では、猫の相談をお聞きしています!
毎月第2・4日曜日は智光山公園にて譲渡会も開催しています。
開催時間内でお困りの相談をお聞きします。一人で悩まずお話ください。



また、さやま猫の会は自走活動していますが、有難い事に多くの方々からご支援を頂いています。
「物資を支援したいけれど何を送っていいか悩む」とお声も多数いただきまして、
この度アマゾンほしい物リストを作成いたしました。
皆様のご負担にならない範囲でご支援いただきますと嬉しいです。

アマゾンほしい物リストはこちら


チャリティートートバッグはこちら
クリアファイル第1弾詳細はこちら
クリアファイル第2弾詳細はこちら

文責 S

category: 活動日誌

tb: --   cm: 0

飼い主のいない猫の不妊助成補助開始  

狭山市では平成30年6月より、飼い主のいない猫の不妊助成補助を開始すると発表しました。

対象は狭山市在住の市税完納者に対して、年間一人5頭までで、予算額に達した時点で終了となります。

概要は「広報さやま」10ページ中段をご覧ください。
広報さやま201805

さやま猫の会を立ち上げた当時からすると、市内協力者・理解者も比べることができないくらい多くなり、この事業を推進してくれた市議会議員さま、そしてともに歩んでくれた狭山市環境課の皆様にこの場をお借りしお礼申し上げます。

さやま猫の会は「人と猫との共生社会」を目指し、これからも地道に活動したいと思います。




category: 活動日誌

tb: --   cm: 2

トートバッグ  

皆様!お待たせしました。

さやま猫の会「オリジナルトートバッグ第2弾」が出来ました。

今回のデザインも前回同様に狭山市在住画家の佐藤えり子さんにお願いしました。

とってもかわいい猫達がズラリと20匹
91804171.jpg

あなたのおうちのそっくり猫ちゃんはいましたか?

あなたの好きな猫ちゃんはいましたか?


大きさはとても使いやすいA4ファイルがすっぽり
91804201.jpg
前回バッグよりも縦横1cm程度大きく、生地も肉厚になりました。
素材はコットン100%です。

あっ、グレちゃん、友情出演ありがとう(笑)


トートバッグの収益は全て、飼い主のいない猫たちを減らす活動・保護をした猫達を譲渡に繋げる為の費用及び医療費に使わせて頂きます。

購入をご希望の方は
ブログの右サイドバーにあるメールフォームに

1)件名に「トートバッグ購入」と記入し

本文に
2)郵便番号
3)住所
4)氏名
5)トートバッグ
6)部数

を明記し

7)下記口座まで送料(3枚まで500円)とご一緒にお振込みください


※通常発送はレターパックプラスです。
※4枚以上の方はレターパックプラス複数またはゆうパック(地域により価格変動)にて送るため送料はお問い合わせください
※振込手数料はご負担ください
※入金確認後発送させていただきます

クリアファイルも同時にお申し込みができます(枚数・冊数により同封できる数量を確認させてご連絡いたします)
クリアファイル第1弾詳細はこちらから⇒☆
クリアファイル第2弾詳細はこちらから⇒☆

トートバッグ価格
1,500円(税込)

郵便振替
【記号】10390【番号】67692841
【名義】サヤマネコノカイ

ゆうちょ銀行
【店名】0三八(ゼロサンハチ)
【店番】038
【番号】6769284
【名義】サヤマネコノカイ

お問合せメールのお返事は2日以内にお返ししていますが、万が一こちらからの返信が届かない場合はお知らせくださいませ。
入金前確認メール及び発送連絡メールは出しておりません。(規定数以上の送料確認の場合はメールを出してます)

【個人情報についての取り扱い】
お申込みの際いただきます個人情報は発送業務のみ使用し、適切に管理いたします。

category: チャリティーグッズ

tb: --   cm: 0

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。